皮膚科」タグアーカイブ

猫の皮膚病ー蚊!蚊が出てきたよ!!注意!!ー

蚊!蚊が出てきたよ!!黒いお耳を持つ外猫さん!!この季節は要注意!!お耳にブツブツが出て引っ掻いている。そんな時は・・・・・!

暑くなってきました。。お外に出るのに虫除けがいる季節。。

実は私、O型のせいがとても蚊に好かれます。えっ?足が臭いんじゃないかって??・・・酷い。。。。😿

わんこはこの季節はそろそろフィラリアの予防を始めなくちゃ!って頃ですよね。

にゃんこの皮膚科領域ではこの頃から。。特に外猫さん、しかも何故かお耳の黒い子が特に!!

にやられる季節なんです!!

蚊刺症=モスキートバイト!

ご存知でしたか?その名も「蚊刺症」、あるいは「蚊刺咬性過敏症(モスキートバイト)」なんて言います。

これは蚊のアレルギーであることが分かっています。

教科書では昆虫アレルギーと紹介されていることもあります。

耳介や鼻先、足の裏など毛の薄いところがやられます。そして猫さんは解毒作用が弱いので、どうも人用の蚊よけゼリーを塗らない方が良いみたいなんですよねー。。

結局のところ、蚊に刺されないようにする。病変は早めに対症療法で治す&引っ掻かないようにする。。という対応になりますが、ま、蚊に刺されか!そのうち治るかな!なんて軽く見ていると、酷く引っかき壊して化膿してしまうこともあるので、早めにご来院くださいね!

治療後↓

痒くなくなって良かったね!

犬の皮膚病 ークッシング症候群ー

全体的に毛が薄い。お腹がポッテリと太っている。お水を飲む量が多い。おしっこが多い。皮膚病を繰り返す。。。高齢犬のこんな症状。ひょっとしてホルモンの問題かも!!高齢犬に多い皮膚病の1つクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の解説

1.特徴

高齢になってから皮膚病が治らない。それに以下のような症状が一致したらひょっとしてホルモンの病気の一種、「クッシング症候群=副腎皮質機能亢進症」の可能性があります。

  • お腹がポッテリと太鼓っ腹になってきた。
  • 食欲はすごい。
  • お水を飲む量が多い。
  • ハァハァ言うことが多くなった(パンティング)
  • おしっこが多い
  • 皮膚が薄い
  • 傷が治りにくい

高齢になってから起きるホルモン関連の皮膚病の2大原因に、「甲状腺機能低下症」と、「クッシング症候群=副腎皮質機能亢進症」があります。どっちも太りやすくなるのが特徴的ですが、太り方とは皮膚の感じが違うんですよね。どっちも毛の抜け方は割と似てるんですけど。。。

  • 甲状腺機能低下症は、皮膚は厚い。太り方は全体的に寸胴な感じのんびりしている
  • クッシング症候群の方は皮膚は薄い。太り方はお腹だけポテッと太鼓っ腹になる。活動的食欲もすごい。

という感じです。

2.飲水量が増えます

飲水量は犬の平均が1日60ml/kg 程度。クッシングでは100ml/kgくらいになったりします。つまりは5kgくらいのわんこが1日に500mlのペットボトルを空にするくらい水を飲むなら明らかに異常です。

不安な時は24時間でどれくらい水を飲んでいるか、計量カップとかを使って量ってみてくださいね。

飲水量の増加は他にも糖尿病や腎臓病、利尿剤やステロイドを飲んでいる時にも見られます。

3.症状

クッシングの時の典型的なお腹の様子はこちら↓ お腹だけポテッと膨らんでます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡大したのがこちら↓ 皮膚がすごーく薄くて切れそうなくらい。皺がよってます。皮膚の下の血管がよく見えますね。

クッシング症候群の犬の皮膚、拡大像

皮下組織が薄くなり脆弱になった皮膚は傷つきやすく、

「引っ掻いたら赤くなって治らない」、「毛が生えない」、また甲状腺機能低下症の場合と同様に「膿皮症が治らない」という症状で来院されますね。

4.検査はどんなことをするの?

血液検査とお腹のエコー検査を行います。

血液検査は少し特殊なホルモンの検査をします。最初に採血して、副腎を刺激する注射をし、1時間後にまた採血するという検査、あるいは最初に採血して副腎を抑制する注射をし、8時間後にまた採血する検査の2種類があります。

どちらを選択するかは、病院の状況や動物の性格にもよります。(この検査はストレスの影響を受けるので。ストレスに弱い子ほど不正確な値になりやすいのです。)

お腹のエコー検査では副腎の厚さを見ます。横向きあるいは仰向けでゴロンと寝てもらって、超音波でお腹の中をのぞくものです。痛くも怖いものでもありませんので、安心して受けてくださいね!

超音波検査、アンベットクリニックにて

5.治療は?

検査結果にもよりますが、ほとんどが「下垂体依存性副腎皮質機能亢進症=過形成」というタイプになります。

実はこのタイプ(およそ9割)は、実は脳の下垂体に腫瘍ができることで副腎の異常につながっているのです。。つまり大元は脳にあるので、本当は脳の手術や放射線治療をしなければ根本治療にはなりません。脳の状態を調べるにはCT検査やMRI検査を受ける必要があります。

CT/MRIなどの画像検査、脳の手術は一部の大学病院や大きな病院をご紹介することも可能です。

画像検査や脳の手術や放射線治療までは望まない場合、問題が起きている副腎のホルモンを抑える内服薬を処方して生涯治療を続けることになります。この場合は数ヶ月に1度診断の時と同じようなモニターのための血液検査を行います。

残りの1割は副腎の腫瘍によるものです。血液検査と腹部のエコー検査で判断します。腫瘍は手術をおすすめすることが多いです。大きくなると周りの大事な血管に侵入して血行障害を引き起こしかねないからです。

他に持病があるなどの問題があり手術を望まない場合は、やはり内服薬による治療を行います。治療に反応してくれることもありますが、過形成の場合よりは反応が劣るようです。

犬の皮膚病ー 甲状腺機能低下症 ー

毛が全体的に薄くなってきた。ぽってりと太って寝てることが多い。寒がるなど。。。うちのわんこも年取ったなー。。ちょっと待って!それ病気の可能性も!!

高齢のわんこが治りにくい皮膚病を抱えてやってきた時。。。私達皮膚科医は内分泌性の皮膚疾患を疑うことが多いです。よくあるのがこんな

「膿皮症と言われたんですけど、なかなか治りません」

治療前の様子

という状態。

高齢犬で多い内分泌疾患は

1.甲状腺機能低下症 2.副腎皮質機能亢進症 3.性ホルモン疾患

の3つ。全部調べたらいきなり高額医療!!!私個人的にはこれらぜーんぶ一気に調べてついでにアレルギー検査も入れちゃうなんてのはナンセンス!と思っています😅まあ、人様のやることをあまり批判してはいけないかもしれませんが。。。。。

さて、それでは今日は甲状腺機能低下症の特徴をお話します。

1.どんな病気?

甲状腺は喉のすぐ下の部分にあって、甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官です。

甲状腺ホルモンは代謝を活発にし、筋肉にエネルギ-を供給し、心臓・内臓・皮膚など体のあらゆる部分の活動を調整するという非常に重要な役割を担っています。
何らかの原因で体の活動に必要なだけの甲状腺ホルモンが分泌できなくなった状態を

「甲状腺機能低下症」

と呼びます。この病気は中型犬や大型犬に多い傾向がありますが、小型犬でも発症します。5歳以降の中高齢犬に多いのですが、もっと若い場合もあります。

また、この病気は猫ではほとんど起こりません。

2. どんな症状?

  • 太りやすくなった。・・・特に甲状腺機能低下症の太り方は全体的にぽってりとした太り方!お腹だけじゃなくて、腕とか足とか首とかもな~んとなく。。皮膚もぶ厚いような。。寸胴体型な・・・そんな太り方。
  • 毛が全体的に薄い
  • 毛並みが悪い。子犬みたいなふわふわした毛並み
  • 部分的に毛がない。
  • トリミングの後毛が生えない。
  • 動作がのんびり
  • 顔つきがぼんやりしている。・・「悲しそうな顔貌!なんて表現されます!」
  • 寝ていることが多い。。

まぶたとか、唇とかの皮膚がぼってりすることでこんな表情になっちゃうんじゃないかな。。

でも。。。上の症状のリスト・・・よく見ると。。。

年取ったらそんなの普通じゃん!!

って感じの症状ばかり。。だから見過ごされてることがとっても多いと思う。。

なので最初のように「膿皮症がなかなか治りません!」とかでようやく疑って検査に進むということが多いです。

そのほかに徐脈胆嚢の異常、一般血液検査の異常(高脂血症)などから検査を進めて発見されることもあります。

特徴的なラットテイル

 3.どうしてなるの?

甲状腺機能低下症は、おもに免疫介在性のリンパ球性甲状腺炎と、特発性甲状腺萎縮によって引き起こされます。この病気の一部には、遺伝的要因の関与が考えられていますが、明らかではありません。

また、他の病気が甲状腺ホルモンのはたらきを阻害し、同様の症状を引き起こすことが

あります。ステロイドの飲みすぎで二次的になることもあります!

95%は甲状腺そのものが原因、残り5%ほどは他の病気が原因です。

4.どんな検査をするの?

甲状腺機能低下症の検査は一般血液検査とは別に甲状腺の機能を測定するための血液検査を行います。

詳しく検査するために外注検査(外部の検査センターに血液を送付する)を行う事が多いです。

5.どんな治療をするの?

甲状腺ホルモンのお薬を飲むホルモン補充療法を行います。

他の病気が原因で起こるものを除いては、生涯にわたって治療を続ける必要があります。

治療を開始すると・・

  • 全体的に活気が出てくる
  • 毛が生える
  • 毛並みが良くなる
  • 傷や感染症(膿皮症も含む)の治りが良くなる
  • などの効果が期待できます。

反面、神経過敏、動悸が激しくなるなど薬の効果が予想以上に強く出てしまうことも時折見られます。そのため、特に治療初期は診察や血液検査による検診が必要です。

きちんと治療すれば安全に良い感じでコントロールできることが多いので、しっかり付き合ってあげてくださいね。

治療後の様子。フサフサになりました!

犬と猫の皮膚病   ステロイドって怖い?その2, 外用薬編

皮膚病と言えばステロイド。先に言っておくとステロイド=怖いではありません。私も使います。でも怖さと有益性をよく理解して注意して使いましょう!というお話

「ステロイド」というとどのような印象をお持ちですか?
やはりあまり使いたくないなとか、怖いんじゃないか、とかありますか?

いわゆるステロイドとは体にある副腎という内臓で作られる副腎皮質ホルモンを合成して作ったもので、強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持ち、皮膚病他様々な病気に使われています。

内服薬の副作用

内服(飲み薬)で使う場合は
・糖尿病を起こしやすくなる
・尿量が増える
・太りやすくなる(食欲も亢進する)
などの副作用もあり注意して使う必要があります。

外用(塗り薬)で使用する場合はそういう副作用はほとんど見られず、効かせたい場所にだけ効果的に効くので、皮膚科領域では使用することが多くあります。

一部で噂される「黒くなる」「癖になる」「一生全身に影響が残る」などは、誤解や使い方の悪さによるもので、通院しながら他の療法と組み合わせて上手に用いれば非常に効果的に、心配なく使用することができます。

ところが!!

あまり知られていない外用薬の副作用

「皮膚病ですか?じゃあ、これね。」
と処方されたものを漫然と多量に使い続けた場合には、
今日ご紹介する


「 ステロイド皮膚症 」


になってしまうことがあるかもしれません。外用のステロイドは塗りすぎると皮膚が薄くなってしまうという副作用があります。

次の写真は1日に何回もステロイドの塗り薬を数ヶ月塗っていたケース。

↑ 左は猫さん。痒いところに一生懸命塗るうちに、皮膚が薄くなって孔があいちゃいました🥲

右はわんこですね。

可愛がって一生懸命な飼い主さんの子こそがこれになりやすいです。痒がっているのが可愛そうで一生懸命塗ってしまうからですね😌

これは飼い主さん向けのサイトなので、気をつけましょうね。っていう表現にはなるし、知識を持って注意をしてほしいのですけれど、獣医師側の責任でもありますよね🤔

どうすれば防げるかな?

お薬を出す時に、あれ?こんな頻度でお持ちになるのは少し多くないかな?使いすぎになってないかな?と気にしてあげたり、病変部がステロイド皮膚症になってしまっていることに気がついてあげないといけない。。😟看護婦さんもこのページを見てくれたらちょっと気をつけてみてほしいな!😐

塗り薬を中止し、もっと優しい治療法に変更して数カ月で完治しました。

外用薬のステロイドは上手に使って内服薬を減らすのにとても良いものです。また、慢性化した酷い皮膚病を好転させるのにとても力を発揮します。

でも漫然と使用するのではなく、通院しながら説明どおりに使ってくださいね😌

そして獣医さんは出しすぎ注意です!よろしくおねがいします!🙏

犬の皮膚病ーアトピー性皮膚炎ー

 アトピー?アレルギー?どう違うの?これはアトピー?? アトピーかもって言われたら・・・

アトピー性皮膚炎って?

アトピー性皮膚炎!一度は聞いたことがあるでしょう。

お家のワンコが痒がったらアトピーなのかな?🥲 なんて思ったりしますよね。

でも一体アトピーって何?アレルギーとどう違うの? を解説します。

 そもそもアトピーという言葉は「奇妙な」という意味のギリシャ語atopiaに由来し、家族あるいは、家系内に出現する異常な過敏反応として、1923年にCocaとCooke によって名付けられたそう。

 これを元にして「アトピーってよく分からないのでしょ?」とかって思っていますか?

いえいえ、それは1923年頃の話。今からおよそ100年前ですね!😮

 当時は新しく認識されたよく分からない病気だったのでしょうけれど、この100年の間にアトピー性皮膚炎の研究はかなり進んで、随分解明されてきているんですよ。

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い

 アレルギー?アトピー?どう違うの?

異物が体内へ侵入した時、これを撃退する仕組みを免疫反応といいます。

生体に有害な免疫反応をアレルギーといいます。

「アトピー性皮膚炎はアレルギーの症状の現れ方の一つです。」

 犬のアトピー性皮膚炎の特徴

犬にもアトピー性皮膚炎があると分かったのは1941年が最初の報告です。

「犬のアトピー性皮膚炎(CAD)は、IgEという種類の抗体が関係している、痒みと炎症を特徴とする皮膚疾患で、遺伝性な背景がある」と言われています。

 犬のアトピー性皮膚炎の診断基準で有名なのは、Favrotという人が報告した診断基準

  1. 初発(最初に発症した年齢)が3歳未満
  2. 主に室内飼育
  3.  ステロイドに反応する痒み
  4. 初発時は皮膚病変がない痒み
  5. 前肢の罹患(前足に病変あり)
  6. 耳介の罹患
  7. 耳介辺縁は罹患していない
  8. 腰部背側は罹患していない

これら8つの基準のうち、5項目を満たすと80%くらいの確率でアトピー性皮膚炎と言えるよ、というものです。(正確には感度85%、特異度79%)

これは、「当てはまれば!」という基準なので、当てはまらないから違うというものではありません。

でも、お家の子の症状や初発年齢などが上の基準に「当てはまれば」アトピー性皮膚炎の可能性が高いと言えるでしょう。

当てはまらなければ違うとは言えませんが、一つの参考にしてください。

また犬のアトピー性皮膚炎では、

この図のように

  • 目の周り
  • 口の周り
  • 四肢の曲がる所
  • 指の間

などが赤くなって痒くなることが多いです。

アトピー性皮膚炎の原因

 アトピー性皮膚炎は、何かの原因物質に反応しているという結果だけではなく、皮膚が構造的に弱いとか、色んな物にアレルギーを発症してしまいやすい遺伝的な性質があることが分かってきています。

こんな風に色んな原因が絡み合って発症する病気を多因子性の病気と言います。

 アトピー性皮膚炎は多因子性の病気です!

 その要因には次のようなものがあります。

  • 原因物質(アレルゲン)
  • 皮膚のバリア機能(防御力)
  • 侵入したアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)に過剰に反応してしまう性質

そして、そこにさらなる悪化因子として、痒み(引っ掻くことでさらに症状が悪化!)と、感染症(細菌やマラセチアが感染を起こしやすくなる)がしばしば合併します。

ずばりアトピー性皮膚炎の診断は?

 とっても大事、かつ時折おろそかにされていることなのですが。。。。。

実は!!

痒い皮膚病の代表選手はアトピー性皮膚炎ではありません!!!

えっ???😲

そうなのです。痒い皮膚病は大きく分けて、

  1. 感染性の皮膚病
  2. アレルギーによる皮膚疾患

に分かれるのです。

で、2は大きく分けて、環境中のもの(花粉やハウスダストに対するアレルギー)が原因の場合と、食事が原因の場合に分けられます。

環境中のものが原因のアレルギー性の皮膚疾患のうち、今まで紹介したような特徴を満たす場合に「アトピー性皮膚炎」と診断されます。

この1.の感染性の皮膚病をきちんと検査して除外する必要があります。

アトピー性皮膚炎と診断されていた犬から発見されたニキビダニ

感染性とは次のような皮膚病が当てはまります。

  • 膿皮症(ブドウ球菌が引き起こす細菌感染の皮膚病)
  • マラセチア皮膚炎(マラセチアという酵母菌が引き起こす皮膚病)
  • 皮膚糸状菌症(いわゆるカビ− 真菌 −の皮膚病)
  • ニキビダニ症(ニキビダニという毛穴に住むダニによる皮膚病)
  • 疥癬(疥癬虫というダニが引き起こす皮膚病)
  • ノミ・マダニの感染

また、アトピー性皮膚炎と食事アレルギーは別の病気です。たまに合併することもありますが、それぞれ別々に考える必要があります。

食事アレルギーについて→

感染症の皮膚病を除外するためには、毛を少しだけ抜いたり、フケを集めたり、皮膚表面の細胞をセロハンテープで集めたりして、染色し、顕微鏡で観察して検査します。

診断確定率は100%ではありませんし、季節や病状によって変化もあるので、通院中には何度か検査をお願いすることと思います。

ご理解くださいね。

 原因を探る

 犬種、症状や発症年齢、除外診断からアトピー性皮膚炎が推測される場合、次に推奨できるのはアレルギー検査です。

検査には皮内反応(脇腹の毛を刈り、アレルゲンの注射を皮内に、種類ごとに複数箇所入れて、皮膚の反応を直接見る)と、血液検査があります。

 最初にできたのが皮内反応であったため、ゴールドスタンダードとして血液検査は皮内反応との一致性で常に検討されてきました。

 現在のところ、私は様々な理由から皮内反応は実施しておりません。ご希望の方は大学病院などをご紹介しますので、おっしゃってください。

 血液検査の精度がかなり上がってきているので、利便性を考慮し、血液検査を主に実施しています。

ヒトの場合と同様に、IgEというアレルギーに関与する抗体の値が、それぞれのアレルゲンごとに数値で表されます。

複数の検査会社から信頼性の高い会社を選んでお勧めしています。

 IgE検査は食物についての結果も出ますが、アトピー性皮膚炎の原因を調べる上での評価にはあまり使えません。

 詳しくは食事アレルギーについてへ→

 アトピー性皮膚炎の治療

 今までのところで、アトピー性皮膚炎は「多原性の疾患」であると説明しました。

ですので、治療は原因ごとに組み合わせて対処していきます。

また除外とした感染症ですが、膿皮症とマラセチア皮膚炎はアトピー性皮膚炎にしばしば合併して病態を悪化させるので、常にそれらのコントロールにも気を使います。

大きく分けてそれぞれの原因に対して次のような対応を考えます。

原因1.原因物質を避ける
 検査によりアレルゲンが分かったらそれを避けるという方法。

ハウスダストやハウスダストマイト(イエダニ)なら掃除の見直し、出入りする場所の見直し、敷物の見直し、エアコンの手入れ、空気清浄機の導入など。

 花粉が原因なら、その季節の散歩は避ける。家の中に持ち込まないなど。

原因2.アレルギー体質の改善

 わかりやすく上のような言葉を使って説明することが多いのですが、アレルギーを起こしやすい体質を変化させる根本的と言われる唯一の治療法が存在します。

それは減感作療法というものです。

IgEを作る免疫システムを変えていくと考えられていますが、何故?よりも臨床応用の方が先に発達した分野です。

ヒトではスギ花粉の舌下免疫療法が有名ですね!

 同じようなもので、犬ではハウスダストマイトによるアレルギーだけは、ちゃんと犬用に効果が認められた製剤が利用可能です。方法も1週間に1回、計6回注射するだけという簡単なもの。

効果率は70%前後ですが、ずっと悩まされてきた痒みが6回の注射で、薬が減らせたら良いですよね。実際に1日置き以上ステロイドを減らせなかった犬でステロイドが切れた子もいます!

ただし、6回の後、1ヶ月に1回10ヶ月から1-2年の間、追加接種した方が良いという専門医もいますので、6回目以降は相談で決めています。(明確にはされていません)

原因3.皮膚のバリア機能向上

 ずばり、スキンケアの見直しです。ヒトのアトピー性皮膚炎では、その発症に皮膚の乾燥が関係していることが分かりました。10年くらい前の論文でアトピー素因のある赤ちゃん(遺伝的に疑われる家系の赤ちゃん)に保湿剤を塗った方がアトピー性皮膚炎の発症が少なくなることが報告され、保湿の大切さがクローズアップされてきました。

動物でも同様です。

1)アレルゲンに対する反応→痒い→掻く→皮膚に傷→アレルゲン侵入&細菌も侵入→アレルギー反応&細菌感染の繰り返し

 2)乾燥→皮膚の角質に隙間→アレルゲン侵入→アレルギー反応&細菌感染

従来、上の1)が病態だと信じられていたものが

2)も大きいのでは? という考察ですね!!

乾燥をコントロールすることで、アレルギー反応自体も抑える結果になると考えられています。

また、

3)乾燥→余分な皮脂分泌→皮脂が大好きなマラセチアの増加→痒み

というサイクルにも対応することになります。

原因4.痒みを止める

痒い→引っ掻く→皮膚に傷→アレルゲン侵入&細菌侵入→細菌感染→痒み増加

上のようなサイクルが生まれてしまうので、痒みをコントロールするというのはとても大事な治療の一つです。

痒みを止める方法はステロイドの内服以外にもたくさんありますので、現在はかなり安全にコントロールしやすくなっています。

選べる痒み止め→

原因5.感染症対策

アトピー性皮膚炎に合併する感染症は、原因というよりおそらくは結果の一つですが、今の状態を見極める上では大切な要素になります。

アトピー性皮膚炎は、季節などによって良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。ここまで読んで理解してくださった方々は、コントロールできている状態であっても、微妙なバランスの上に成り立っている感じを捉えてくれているでしょう。

皮膚の状態が悪くなると細菌やマラセチアの感染が生じて、痒みも悪化します。また、痒み止めの種類によっては長く続けると免疫力が低下し、ニキビダニ症が発症していることがあります。

長期管理しているアトピー性皮膚炎が急に悪化した時は、これらの関与を疑って皮膚検査などをきちんと行ったほうが良いです。

まとめ

 治すというよりはコントロールすることがゴールです、とよく説明されますが・・。皮膚の酷い状態を綺麗にして、気持ちよく、副作用なく過ごすというのを常にゴールだと思って日々診療にあたっています。

生涯付き合っていく病気ですが、良い付き合い方を見つけてあげたいですね。😌

犬の皮膚病 ー 外耳炎が治らないその1 ,異物が!ー

犬の皮膚病に最も多いと言われる外耳炎。時にとんでもないものが耳から・・・!!原因の1つをご紹介します。

さて、ある日やってきた、ラブラドール。ほっぺたを激しく掻いています!大型犬は足の力も強くて、毛刈りしてみると大変なことになっていました!!

アンベットクリニックにて
かなり痛そう!!

これはかなり痛そうな様子!!

ここで、ピピっと皮膚科アンテナが!!

「これは耳からきてるかもしれないです。念のために耳も見てみましょう!」

すると。。。

かなり汚れています。赤いですね。外耳炎です。

耳鏡で覗いてみると。。。。

何かあります!!

「何か異物ですね!棘みたいなものがあります。」

そして、洗っても取れません。。。

こういうものは麻酔が必要です。ラブだし、暴れると鼓膜があるし危険ですからね。人と違ってじっとして取らせないですから。。。

というわけで、後日麻酔下で耳洗浄をすることになりました。

わっ!!

犬の耳から摘出したノギ

「ノギ」です。

こんなものが耳に入ってました!しかも逆さまになって返しみたいになっていたので、とても自然に取れるものではないですよね。

主にイネ科の雑草の実ですね。これはこんな風に犬の耳に入ったり、皮膚に突き刺さったりして、結構ワンコたちが被害をこうむりますので、注意してくださいね😂

この数ヶ月で犬の耳から何件もノギを取り出すという、ちょっと変わったお仕事をしております。。😐

他にも耳の奥の方に抜けた毛が刺さり込んで取れなくなっていたり、耳垢が固まって栓になっていたり。。特に片側だけが外耳炎を繰り返す、あるいは治りにくい場合、異物出来物がないかそれなりの器具のある、外耳炎に熱心に取り組んでくれる先生のいる病院でみてもらう必要があります。

フレブルの耳の奥にはまり込んだ毛。生えているのではない!
耳垢が栓になっている。聞こえも悪いのでは?

外耳炎って実はあまりにありふれていて、(あまり皮膚科が好きではない)獣医さん達にとってはつまらない病気なのかもしれないんです。🥲 わんこは辛いし、飼い主さんもこんなに悩んでいるのにね!

獣医さん:「あぁ、外耳炎ね!じゃあこのお薬点耳しておいて。」「ああ、またなったの?繰り返すんだよねー、アレルギーかもね。またこのお薬点耳しておいて。。」

いつもワンパターンでちっとも治らないと感じる時は一度お会いしてみたいです!!😟

犬の皮膚病・外耳炎って?基本編

耳が臭〜い!黒い耳垢がいっぱい出てくる。汚れが多いと言われた。耳が赤い。痒がる。

・・これらはきっとみんな”外耳炎”です!

外耳炎とは・・・

外耳炎は犬の耳に炎症(赤い、痒い、腫れているなど)が起きてしまっている状態を言います。

耳にだけ炎症が起きる場合と、全身の皮膚病+耳の炎症となっている場合の両方があります。体の他の皮膚をみて何も発疹などがない場合でも実はアトピー性皮膚炎や食事アレルギー、食事反応性皮膚疾患などの一環として、今現在 ”耳にだけ炎症が発症している!” という可能性もあり、今後注意が必要です。

実は動物病院に来院するあらゆる病気の中で耳の異常を訴えてくるケースはとても多いです。統計で1,2を争う多さです。そう、

犬は外耳炎が多い

のです。

原因は様々・・

その1. シャンプーが入った。家でのお手入れの失敗

シャンプーが少々入っても十分流せば大丈夫ですが、液が残ってしまうと、常には酸性で細菌繁殖を防いでいる耳道の環境がアルカリ性に傾いて、細菌が繁殖しやすくなるとされています。

家でのお手入れでたまにあるのが、綿棒!!

綿棒!!

お薦めしません。

犬の耳道はデリケートで、市販の綿棒は大きすぎ、硬すぎです。2,3回擦ったらもうみるみる腫れてくるはずです。。。あと、ペットの本などでオリーブ油での手入れを薦めているものをみたことがあります。これも良くないです。

犬の耳には常在菌としてマラセチアという酵母菌がしばしば存在します。これは脂分が好きで、脂分が増えると過剰増殖して炎症を引き起こす、あるいは悪化させます。

お家でのお手入れは専用の洗浄液でたまにゆすいで、入口付近の汚れを柔らかく丸めた小さな綿花で優しく拭き取る程度に留めてください。

その2.異物

特に片側だけが外耳炎の場合、異物が原因になっていることがあります。異物は草のノギや、奥に落ち込んだ毛などです。他のページで詳しく説明しますね。

その3.全身の皮膚病の1つとして

アトピー性皮膚炎の多くが外耳炎を併発しています。また、食事アレルギーの犬の80%に外耳炎がみられたといいます。これらの病気が背景にある可能性もあります。今は耳だけだけど、年々他の部位に症状が出てくるというケースがあります。

その4.出来物ということも。。。

耳の奥、鼓膜まで耳鏡を使ってよく観察します。時にポリープのような出来物(しこり・・・腫瘤)が耳道を塞いでいて、慢性外耳炎の原因あるいは悪化因子になっていることがあります。この場合、一部を採材(全部取れる場合は取りますが!)して何の出来物なのかを調べます(病理検査:取ったものを処理し、検査施設に送付して細胞をみる専門家の意見を仰ぎます)。

治療

正常な耳道の皮膚は鼓膜から出口に向かって移動し、フケと汚れとを自然に排泄します。ところが、外耳炎が発症し、過剰な耳垢が分泌されると、それらは耳道内の毛に絡まったりして細菌や酵母菌の繁殖の原因となり、外耳炎を悪化させます。炎症のために、耳道は腫れ上がり狭くなって、ますます上皮の正常な移動を妨げます。

こうして外耳炎の悪化サイクルが出来上がってしまいます。

外耳炎の治療はこの悪化サイクルを断ち切る目的で行われます。

その1.洗浄

耳道内の毛をある程度除去し、耳道を洗浄します。耳垢は溶解液でふやかした後に柔らかいカテーテルなどを使って優しく洗浄します。いずれ詳しく説明しますね。

その2.微生物を減らす

耳垢を検査し、悪化させている細菌や酵母の増殖を防ぐあるいは殺すお薬を使用します。耳の状態に応じて、内服薬や洗浄液、点耳薬などを使います。

その3.炎症を抑える

抗炎症作用のある内服薬や点耳薬を処方します。

その4.背景にある皮膚病にアプローチ

再発を繰り返す場合、全身の皮膚病が背景にあるかもしれません。食事療法やアレルギー検査をお薦めする場合もあります。

一般的にだいたい週に1回から2回程度何回か病院に通っていただき、お耳をきれいに洗浄して点耳薬を点耳します。お家で毎日点耳していただくことも多くあります。

外耳炎の治療には根気が必要です。しっかり治して慢性化しないようにしましょう。

慢性難治性の外耳炎の治療についてはまた別に書きますね。

治らない外耳炎 ー その1、異物編 ー 耳の奥を覗いてみよう!

さくらと私

犬と猫の皮膚科医・・動物の皮膚病について解説します

動物の色んな皮膚病や外耳炎についてこれから解説していきます。なるべく簡単に、読んでいて楽しく、分かりやすい説明を心がけます☺️

1.皮膚病の解説を始めます。

ずっと悩んでました。😔

病気の説明を分かりやすく、堅苦しくなくお伝えしたい。読みやすく、少し楽しくさえあるような。。でも病気なのにそれって良いのだろうか?

失礼なんじゃないかとか。

 診療ってこう見えて?かなり真剣で、ずっと現場に立つことにこだわってきた人間としては、診療内容をブログとかにするのって何だか生々しすぎて、できない感じがしてたんです。これはもう何年も。。15年くらい前から知り合いにブログを勧められて、うーんできそうにない😞って。。何だかずっと思っていました。

でも、なぜだか急に吹っ切れました。

2.私の診療スタイル。真面目に、簡単に、可能ならば笑顔を届けたい!

分かりやすければ良いじゃない?

だいたい、自分の診療、いつもそこそこ軽妙じゃない!

私の診察って賛否はあるかもしれないけど、診察室で飼い主さんがよく笑ってるって評判じゃない!?

確かに皮膚病って生死に直結しないことが多いし、確かに悩み深い方が多いけど、その気持ちを少し和らげてあげたくて!!

これ、サービス精神だから!

締めるとこ締めてるし。。。!

というわけで

肩肘張らず、いつも通り自然体に自分の知識をお披露目しようと思います。少し軽妙過ぎたらごめんなさい。でも本人しごく真面目です。ふざけてません。

 いつでもどこでも私そのままで。。😊

3.昔の院長が教えてくれたこと。大事にしてること。

4番目の院長が教えてくれました。

” いつでも自分全部で診療にあたりなさい。自分の知識、経験、人生経験、人柄、思い。自分全部で診療に向かいなさい ”

それ以来、確かに忙しすぎたり段取り悪かったり、周りのサポートがうまく得られなかったり色々で完璧にできない時もあるけど、ずっとそのつもりでやってきた!

だから、

動物の皮膚病の説明

やってみますね!

4.現在の診療施設

現在月曜日・火曜日午前中は横浜市神奈川区のアンベットクリニック

水曜日は1日横浜市都筑区のセンター南動物病院

木曜日・日曜日の午前中は東京都大田区の動物病院エルファーロ

主に皮膚科を担当しています。

色んな皮膚病の解説へ

犬と猫の皮膚科医・・皮膚科の獣医師として生きる

・・皮膚科認定医って何?どうやって取るの?大変だった?

 私がどうして皮膚科の獣医師を目指すようになったのか☀️その前はどうしてたの?どうやって認定医を取得するの?大変?イチ獣医さんの人生の一部をご紹介

Photo by Tanika on Pexels.com

1.どうして皮膚科認定医を目指したの?

それまでどんな風に働いてたの?

2012年に獣医皮膚科認定医を取得。

多分育休をはさんで取得したのは私が初めて🍒(今は他にもいるかな?)

 育休前に一般診療獣医師として10年以上のキャリア。(雇われ院長、月1回は整形外科、夜間の駆けつけ帝王切開、往診、色々頑張った!)

 結婚して得意の皮膚科を中心に、これからはライフ&ワークバランスも考えながら生きていこうと、皮膚科認定医の取得を目指しました。それまでの10年間、職場と賃貸アパートを行ったり来たり。。

これで人生と呼べるのか?という葛藤。

 しかしこの激しい仕事上、パートで生きていくには他の人にはない武器が必要となろう🗡

 そこで!ちょうどその頃から得意の皮膚科で認定医制度というものがスタートしていたものにエントリーした!

2.皮膚科認定医を取得するには?

 獣医の皮膚科認定医を取るには最短で3年。18項目の講義(年間2回しかない。3つづつ。体調不良とか身内の不幸とかで行きそこねたら次の講義は3年後😓)+3年間の皮膚科診療件数600例の簡易記録 ー 初診100例を含む ー + 3年以内に海外の皮膚科学会に出席+毎年の決められた学会中の生涯教育セミナー+皮膚科学会への参加。。そしてそして・・

 3年以内に学会発表1例以上と、査読付きの論文筆頭著者1例以上

をこなして、やっと認定医資格の受験資格が得られる。。。

(現在は少し改変されています。獣医皮膚科学会認定医制度)試験に受かって認定医取得というわけです。

3.なかなか大変だった。。。

そこには慣れない研究と論文の壁・・。病院内の先生も組織も誰も何も頼りにならず、自分でネットをサーチして協力者を探しました。自分の興味のある分野の人医療の大学教授にずうずうしくも会ったこともないのに、メールを出して、研究協力を依頼。

2年かけて何とか論文を目処がつくところまで持っていき、

”先生、これから出産のために入院します。私に万が一のことがあったら😇、どうかこの研究を遺作として私の名前で世に出してやってください😭”と、メールして娘の出産に望みましたー(無事、帝王切開で出産しました。👼)

出産・子育てなんて正直よく分からない!!海外の学会参加のために可愛そうにも2歳7ヶ月でおっぱい卒業を図り、何とか参加!!(すっかり羽を伸ばしたけど。。😆)

画像1

 4.産後復帰はやっぱり大変だった・・・・

そして人生計算通りにはいかない。。。

 新しい病院でも出産までの2年間は週3.5日勤務して、夜中に入院の子を見に行ったり、駆けつけ帝王切開のopeやら、深夜までの当番の仕事まで行っていたのですが。。

 生まれた娘は当時アトピー性皮膚炎がひどく、毎晩2時間(夜中の1時から4時までのどこか2時間)痒みで泣きわめいて起こされ、かつミルクやチーズで呼吸困難と蕁麻疹を起こして入院するほどの、食事アレルギー持ち。

 保育園に預けて、週3復帰は断念し、実家の母にお願いすることにして、週1日からの復帰を相談しました。

 するとすると・・・・院長や医長は理解を示してくれたものの、情報も意識は十分共有されておらず、現場の風当たりはそれなりに強くて、抜歯1本やらせていただけない羽目に。。

 歯がゆさを抱えながら、週1でフォローしやすい皮膚科の仕事を伸ばすことに注力していこうとどんどんシフトチェンジしていったのでしたー。

 2007年に結婚、2010年に出産、2012年に獣医皮膚科認定医を無事取得しました🙂

2019年までのリストで獣医皮膚科認定医は全国で86人いるようです!

5.現在の診療施設

現在月曜日・火曜日午前中は横浜市神奈川区のアンベットクリニック

水曜日は1日横浜市都筑区のセンター南動物病院

木曜日・日曜日の午前中は東京都大田区の動物病院エルファーロで、

主に皮膚科を担当しています。