急性湿性皮膚炎」タグアーカイブ

犬の皮膚病・ホットスポット – Hot Spot –

急に痒がって真っ赤に!ずっと掻いている!じくじく!液が出てきた!一晩で赤むけに!脱毛!

さて、今日はじめじめして&暑くなってくるこの季節に多くなる皮膚病を紹介します。それはHotspot(ホットスポット)と呼ばれる皮膚病。

症状

日本語では急性湿性皮膚炎なんて呼ぶかな。その名の通り本当に急性です。例えば朝から急に掻き出して止まらないといって昼過ぎとかに来院とか、夜中掻いていて朝来院とか!朝までにあっという間にひどくなってしまう。。。引っ掻いたり、酷いと齧ったり。。

だから引っ掻いたり噛んだりしやすい所によく出来ます。頬とか、腰とか、首とかが多いですね!!

Hotspot

上の写真はまだ早めに来院してくれたので良かった方です。

あと少し置いたら腫れ上がって、じくじくがもっと酷くなり、膿っぽくなり始めたことでしょう。。。🥲

原因

原因は主に湿気!!

と、私は思っています。。。。😁

何故ならあまりにも梅雨の時期、特に湿気の強い日、特にアンダーコートが多いシェルティ、ゴールデン・レトリバーなどに多いから。。

教科書的に言うと、原因は痒みをきっかけとするものなら何でもあり。ノミ寄生、膿皮症、アトピー性皮膚炎、外耳炎、肛門腺炎などなどなど。。主には細菌感染なんて書いてあったりもするけれどね。。。

えっ?じゃあ、アトピー性皮膚炎とかで掻いているのと何が違うの?というと、自分で掻いてしまったことが原因で皮膚が剥けてしまって、その痛痒さが我慢ならないものになってしつこく掻くのが止まらず、どんどんひどくしてしまっているという悪循環。。。が、Hotspot病変を作ってしまっているということ。

子供が蚊に刺された所を引っ掻いて痛くしちゃって、いじるのが止まらなくなっちゃって赤剥けして腫れちゃってるのと同じ感じです。

靴ずれみたいな痛痒さって言えば分かるでしょうか?

ひどくなるとこんなにしてしまいます。↓

外耳炎が原因だったHotspot

治療

治療は患部の炎症を鎮めること、感染を抑えることの他に、感染があまりなさそうならば病変の場所によっては湿潤療法をやってみることもあります。

靴ずれみたいな痛痒さは湿潤療法がうまくいくと10分くらいで収まりますよ。😀

あと、他の場所に同じような部位がないか調べたり、ノミがいないかとか、耳、肛門腺の痒みではないかとか、場合によっては膀胱炎とか関節炎の鈍痛やチクチクする痛みなどがきっかけの場合もあるので、そういうところもしっかり診てあげる必要がありますよね。

もしお家にいて、すぐには動物病院に行けない場合は冷やすのも効果的かも!

でもひどくなる前になるべく早く病院に連れてきてあげてくださいね!!😂