フケ」タグアーカイブ

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症 ー 真菌・・カビによる皮膚病 ー真菌が原因の皮膚病だと言われたらどうする?

どこからうつったのかしら?人や他のペットにうつる?一緒に寝ないほうが良い?隔離しなくちゃだめ?お部屋の掃除や消毒ってしたほうがしたほうが良いの?治療はどうすればよいの?

  • 皮膚糸状菌による皮膚病の特徴
  • どこからうつったのかしら?
  • 人や他のペットにうつる?
  • 何に気をつければ良い?
  • 治療はどうするの? どれくらいかかるの?

皮膚糸状菌による皮膚病の特徴

皮膚糸状菌の皮膚病はフケが特徴です。脱毛があり、その周囲に分厚く折り重なるようにフケが目立つ時は皮膚糸状菌による感染症を疑います。猫、特に子猫に多くその場合は耳の先や鼻周囲、手先に病変が現れることが多いです。

皮膚糸状菌症
皮膚糸状菌症に感染した猫の足先

犬ではやはり足先に多い印象ですが、どこにできても不思議はありません。円形の脱毛と周囲のフケが特徴ですが猫と比べると周囲の盛り上がりが少し目立つことが多いです。

膿皮症が皮膚糸状菌と誤診される場合があります。丁寧な皮膚検査と、時には培養検査が役立ちます。犬で皮膚糸状菌の感染症を見ることはまれです。

皮膚糸状菌は膿皮症に比べると痒みが少ない事が多いです。

感染源はどこ?

皮膚糸状菌は毛や皮膚のケラチンが大好き。ケラチンを餌にする真菌と覚えてください。

猫は皮膚糸状菌の中のMicrosporum Canisを持っていることが多いと言われています。でも多くの場合皮膚病を発症しません。大人になると免疫を獲得することがほとんどと言われています。犬は猫からうつることがあるかもしれません。

Microsporum gypseumは土壌にいる皮膚糸状菌です。外猫ではM. gypseumの感染を時折みます。M. gypseumが見つかった時は土からの感染を疑います。

庭と猫
お庭によくでる猫さんはたまに。。

人のいわゆる水虫菌(白癬菌)=Trichopyton mentagropytesは犬や猫ではみることが少ないのですが、動物にも病原性を持ちます。げっ歯類がよく持っているようです。ハムスターはよく皮膚糸状菌症になります。

人や他のペットにうつる?

白癬菌=Trichopyton mentagropytesTrichopyton rubrumは動物でめったに見ることがありません。が、人から動物にうつります。

研修医時代に犬の背中の脱毛症から白癬菌が出てきて、どうやらお父さんが水虫の足で犬をナデナデしていたということがありました。

皮膚糸状菌はいずれも人畜共通の感染症です。人から動物へ、動物から人へうつることがあります。お家の子が真菌の皮膚病ですと言われたら触った後は特に念入りに手洗いをしてください。一緒に寝たりすると腕や首などの弱いところに病変が出てしまうことがあります。

人の皮膚糸状菌症
人の皮膚糸状菌症、写真は
新しい皮膚科学(中山書店)より

何に気をつければ良い?

環境中の整備と消毒が必要です。なるべく短期間に留めますが隔離を勧めることもあります。

感染した子がいつもいる動物用のベット、敷物は次亜塩素酸10-100倍希釈で消毒、洗濯は他のものと別にして2度洗いしましょう。皮膚病が治るまで繰り返すことが大切です。

ペットのベット
ベットは特に注意

早く治すために特に長毛の子では患部の毛を短くするのはシャンプー療法の効果を高める上で良いことなのですが、その際にバリカンを使用しないでください。周りに飛び散ります。ハサミで丁寧に毛を短くし、切った毛は消毒液で湿らせてすぐ拭き取り、ビニールに入れるなどの処理をしましょう。使用したハサミも消毒してください。

バリカンはダメ
バリカンはダメ

人畜共通の感染症ではありますが、同じ空間にいる、短時間触るなどで簡単にうつるものではありません。でも一緒に寝る、いつも抱っこしているなどではうつることがあります。

特に免疫抑制剤使用中の方や乳幼児、ご高齢の方では感染リスクが高いので注意が必要です。

治療はどうするの?どれくらいかかるの?

患部は毛刈りして抗真菌薬を塗布、あるいは抗真菌薬を含むシャンプーで洗浄の上、抗真菌薬の全身投与(飲み薬)を行います。

治療は数ヶ月かかるのが普通です。完全に治るまでしっかり治療しましょう。

環境中の整備が十分でないと、環境中から再感染し、治療が終わりません。飼い主さんの協力が必要です!

見た目だけで判断は危険です。よく似た皮膚病もあります。

こちらも一緒に確認してくださいね。→膿皮症ニキビダニ症

症例:猫の疥癬 ー 東京や横浜なら疥癬なんてダニの病気は関係ないと思っていませんか?ダメダメ!油断禁物です。ー

横浜市神奈川区のアンべットクリニックの患者さんです。

お顔

病院のごく近所に住んでいる気のいい飼い主様。昔ながらの感じで何頭かの猫さんをお外にも出して飼っています。今回数ヶ月前に新しく飼い始めた猫さん(元野良猫さん!)の皮膚がボロボロだということで、連れていらっしゃいました。

一見すると食事アレルギーを疑うような発疹分布なんです。耳介には病変が全然ありません。ただ、尾っぽにすごくフケの多い所があって、アレルギーにしては変だなと思いました。

 痒がってますか?と聞くと、「掻いてるところは見ていません」というお返事だったのですが。。。。

念の為、皮膚検査をすることにしました。。

すると・・・・

疥癬でした!

 「こないだまで外にいたからどこかでうつってきたんでしょうね。隣町の白楽には疥癬の狸がいて餌付けをしているお家があったらしく、そのお家の近所のワンちゃんが疥癬になったこともあるんですよ」と数年前の経験を話しました。

すると・・・・

皮膚がボロボロのタヌキを近所で見たわ!

というお話でした!!びっくり😲

白楽もですが、ここ三ツ沢も横浜駅徒歩圏内です!!(少し遠いけどね)

三ツ沢には豊顕寺の森という森がありますし、有名な高校の校庭裏は林と人が入らない草ボウボウの土手があります。

横浜って自然も多いんですよね。

思えば東京都府中市の東京農工大学の皮膚科診療に出ていた頃も大学病院に疥癬のワンちゃんが何頭も来ましたっけ。。

フケがいっぱいの所を皮膚検査するとフケにダニやダニの卵が含まれていて見つけられることが多くあります。でも、先にシャンプー療法とか散々やって綺麗にしてしまうと検出率下がるんですよね。。。

大学病院では中々診断が付かずに病理検査までやってようやく分かったケースなんてのもありました。。。。他の犬とほとんど接触がないと言っていたワンちゃんも疥癬だったことがあるんです。

東京にも新宿御苑や代々木公園、砧公園、皇居、上野恩賜公園、青山公園、井の頭公園、葛西臨海公園とか明治神宮とか。。。大きな公園や森!!たくさんありますよね。

タヌキ!!

タヌキさん

いると思います!

そしてタヌキが疥癬になると、群れに広がるし、駆虫薬とかも中々難しいから根絶しにくいんじゃないかしら。

 疥癬は皮膚から離れると3日くらいしか生きられないのでそんなに簡単にはうつらないとされています。それは間違ってないんですけれど・・・逆に言えば草むらとか、ペット同伴OKの大きいデパートのカゴに敷いてあったペットシーツとか、他のワンちゃん(実は疥癬だったとしたら。。)が遊んだ後のサークルとかから・・・

3日以内ならうつってしまう可能性があるということです。

最も最近のノミ・マダニ予防薬は疥癬にも効果があるものが多いので減少傾向だとは思います。

でも・・・。

洗っちゃう前に皮膚検査!!😣 しましょうね!!

良くなりました!良かったね😀

疥癬についてはこちらも合わせてごらんください。→疥癬について

疥癬

疥癬って何?人にうつる? ー とっても痒い疥癬のお話 ー

1.疥癬って何?

「ヒゼンダニ」というダニ(目に見えないくらい小さい。ものすごく眼の良い人はギリギリ見えるかも!!)が、皮膚に寄生して起きる皮膚病です。

2.どんな症状なの?

とにかく痒みが強いです😖

そして丘疹(ブツブツした発疹病変)や、フケの亢進(増えること)を認めます。疥癬のフケは分厚く降り積もるような症状になることが多いです。診察台でも掻き続けるほど痒みが強いので毛が切れて薄くなってきます。

痒い!!疥癬

このダニは上皮に穴をあけて潜り込んでいき、動物の角質を餌にして生きていると考えられています。生き物ですから中で排泄物も出します。その排泄物にアレルギー症状を起こすことがひどい痒みの原因となるようです。

疥癬のトンネル
皮膚病変分布、疥癬

疥癬の病変分布はある程度特徴的で、耳介の先端、肘、踵、そして腹部が好発部位です。

3.どうすれば分かる?

丁寧な皮膚検査を行います。フケに多くの疥癬や、疥癬の卵が含まれることが多いです。そのため、既に何度もシャンプーしてフケを完全に落としてしまっている場合、検出率は低くなります。有名な皮膚の専門医でも疥癬が皮膚検査で出てくる率は50%程度と言っています。そのため、病理検査が必要になったり除外診断あるいは診断的治療といって、ダニが証明されてはいないけれども疥癬の治療をしてみるということもあります。

掻爬検査

診断的治療はアトピー性皮膚炎の治療としてステロイドなどの免疫抑制作用を有する薬を使う前に行うべき標準的な治療法です。

4.人にうつる?

うつります。

ただし、疥癬は動物の皮膚から離れてそんなに長くは生きられない(だいたい3日くらいしか生きられないと言われています)ので、ちょっと抱いたくらいですぐ感染するものではありません。

しかしながら友人の獣医師や飼い主様でも感染した方がいますので、疥癬の動物は治療が完了するまでは他の動物とは隔離し、使用したタオルは50度以上のお湯に10分以上漬けてから洗濯してください。また一緒に寝るなどは控え、抱っこした日はシャワー、入浴を必ずするようにしてください。衣類のタオルと同様に対応した方が良いでしょう。

5.どうやって治療するの?

以前はイベルメクチンという薬を内服したり、注射したりする治療法が一般的でした。現在ではいくつかのノミ・マダニ予防製品が疥癬に対して治療効果があることが分かっています。なので、治療効果のある製品を日常使いしている子は感染する可能性がかなり低いです。そのため、疥癬をみる機会は減ってきています。

ノミ・マダニ予防製品をみなさん使用している使用していると思いますが、疥癬に対して効果があるものとないものがあるので確認が必要です。

十分治療したにも関わらず痒みだけ残る場合は、身体に残っているダニの排泄物などに対するアレルギー症状が継続している可能性を考え、治療薬を継続しつつ抗アレルギー薬を使用します。

痒くなくなってニッコニコ!!

冬なら安心?

いえいえ、疥癬は案外涼しい季節にも感染する危険性があります。最近私はJCABINという獣医さん向けのウェブセミナーで皮膚病コーナーを請け負っています。その仕事を通じてタヌキを長年研究している方とつながりました。

東京タヌキ探検隊」*というサイトを運営されている方です。おかげで色んな新しい事を知ることができました。

 それによるとタヌキは都心部にもいて、犬や猫から疥癬を移され、可哀想に治す機会が得られないまま身体中疥癬だらけで弱ってしまうことがあるとのことです。

 私の地元横浜(そんなに田舎ではないんです。横浜駅徒歩圏内ですよ!)でも全身脱毛のタヌキが目撃されていますし、東京を流れる多摩川の河原でも同様のタヌキが目撃されています。

 疥癬の原因になるヒゼンダニは2,3日で死ぬ場合が多いとされていますが、最適な温度と湿度の条件下では、10日以上も感染力を持続するという実験データがあります。また犬の皮膚に乗ったダニは2時間以内に皮膚に潜り込み、その時点では痒くもなんともなくて、しばらくしてから痒みなどの症状が出てくるということです。

 一度疥癬にかかった子は、散歩コースに疥癬に感染するリスク(疥癬のタヌキや野良猫がいるなど)があるのかもしれません。その場合は涼しい季節も予防を継続した方が良さそうです。

*「東京タヌキ探検隊」さんでは20年以上も主に都内のタヌキの目撃情報を継続して集めています。学術的にも興味深い活動です。是非皆様もタヌキを目撃したらこちらに報告してみましょう!

疥癬に紛らわしい皮膚病として、アトピー性皮膚炎ニキビダニ症、食餌アレルギー、膿皮症などがあります。合わせてごらんください。

イヌニキビダニ

犬の皮膚病 ー ニキビダニ症 ー

今日はニキビダニ症という皮膚病を解説します。ニキビダニって何?どうしてなるの?症状と治療は?人や他の動物にうつる?怖い病気なの?

1.ニキビダニはヒトにもいるよ!

いきなりですが、ニキビダニはヒトにもいます。

えぇ〜!いやあ!😱という声が聞こえてきそうですよね😆

そう、あなたにも、私にもいるそうです。。

人によってはこういうお話が嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは科学的な議論?の場なので、冷静に今分かっている事実を述べていきます。細菌で、常在菌とか日和見菌とかいう用語を聞いたことがあるでしょうか?

常に在る菌と書きますが、健康な人や動物の多くがその菌を持っていて、共存している菌のことを指します。実はこれはある種の寄生虫にも当てはまり、ニキビダニというのは健康な動物や人の毛孔(毛包)に住んで共存しているそうです。

何かちょっと嫌ですよね。まあ、仕方がないです。長い人間や動物の歴史?の中でそうなっているといるのです。自分だけは完全に清浄であると思ってはいけないというとこですかしらね!?😅

2.毛孔に住んでいます!(閲覧注意?)

そういうわけで、ほぼ全てのイヌが(ヒトも) ”ニキビダニ”という虫?を毛孔に飼って?共存しているのです。😅

こんな感じに(ちなみにこれはちょっと増えすぎてますね。。あと、実際はもっと小さくて、その代わり増えている時はもっとウジャウジャと。。。😅)

画像5

分かります?毛孔に可愛い?ニョロニョロみたいなニキビダニが住んでいる図😙

実際はこんな感じです

ニキビダニ 2

でもほとんど心配いりません。ヒトにはヒトのニキビダニ。イヌにはイヌのニキビダニがいて、イヌからヒトへ移ることはありません。(笑)飼っている犬同士もうつる心配はありません。

え?でもヒトにもいるんですよね?

います。😱

言いましたよね? 大丈夫です。 心配いりません。笑。

😱

気にしないでください。笑。

3.免疫とのバランスが崩れるのが原因?

通常は自分の免疫が適度にバランスを取って、ニキビダニが異常繁殖するのを防いでいます。だいたい、10箇所くらい毛を抜いて顕微鏡で見た時に1匹くらい見つかっても気にしなくて良いということになっています。その場合皮膚病らしい症状は現れません。

ところが、何が原因があってニキビダニの数が異常に増えると、皮膚炎の状態になってしまう。

まだ若いうち(だいたい2歳以下)、まだ皮膚の免疫が不完全なためにニキビダニが増えてしまうことがあります。

ちょっとしたひっかき傷みたいなのがなかなか治らなくて痒い時、ひょっとするとニキビダニが原因ということも。時々、ニキビダニに弱い体質の子もいます。(遺伝的?)残念ながらこういう子は他の子よりちょっと酷くなるし、繰り返す傾向があって、生涯ニキビダニとうまく付き合っていかなくちゃいけないということになります。。

逆に高齢の場合、何か持病があったり(皮膚以外でも!)、そうでなくても色んな病気に対する抵抗が衰えて。あるいはホルモン系の病気(内分泌疾患と言います)を発症してとか、他の病気で免疫を抑制する薬を飲んでいる場合など!

 ・・・つまり免疫が低下すると・・・・

ニキビダニ症を併発することがあるので、注意が必要です。最近みるのが、アポキル!!これを2年位飲んでいる子で途中からニキビダニ症になっている子に時々出くわします!!アポキル効かなくなってきたらひょっとして・・?!皮膚検査で要確認です。

4.ニキビダニ症の実際の症状は多彩

イヌのニキビダニ症の発疹像は非常に多彩。

幼犬ではこんな感じの微妙な脱毛。。。だけど痒い! 抗生物質効かない。。  という病変が多く、

幼犬のニキビダニ症

高齢のイヌや基礎疾患のあるイヌでは

こんなだったり

犬ニキビダニ症1

こんなだったり

重症ではこんなになってしまうことも・・・

犬ニキビダニ症2

数十年前だと良い治療法がなくて、安楽死なんてこともあったそう😢

5.治療、そして背景となる病気を調べるのが大事だよ

今は良い薬ができて、そんなに治療に苦労しなくなりました。

真上のひどい子も↓ はい、この通り😀

國賀トロワ治療後背部

ただし、きちんとした皮膚検査をしないと見つけることができません。

それに、どうしてニキビダニが増えてしまうような状態にあるのか?

を探っていくことも大事です。

まだ若いから、皮膚の免疫も弱くてちょっと負けてしまっていて、病変が出てしまっているだけなら割とあっさりと治っていきますが、

特に高齢の子の場合は、アレルギーとか、内分泌疾患(ホルモンのアンバランスが起きる病気)、内臓の他の疾患など、

【 基礎疾患があるために、皮膚の免疫機能が衰えて発症している ]

ことが多いので、根底にある病気を丁寧に探っていくことが大切。

病変が重度の場合は細菌感染も合併するのでそちらの対策も必要。

場合によってはニキビダニ対策をずっと続ける必要があるかもしれません。

ヒトの場合は顔ダニとかいって、やっぱりニキビと関係してる場合もあるみたいですね。🤔

えっ?自分の顔ダニはどうすれば良いかって?

症状がなければ放っておいて良いようですよ!!→こんな記事見つけました。

ニキビダニ症とよく似た発疹の皮膚病もあります。合わせて確認してみてください。

膿皮症皮膚糸状菌症脂漏性皮膚炎

犬の皮膚の病気 ー膿皮症ー  円形ハゲができちゃった!!

犬に円形ハゲができちゃった!膿皮症って言われたけど?膿皮症って何?どうしてなるの?治る?大丈夫?

1.その名も”膿皮症”

まずは”膿皮症”。最初から取っつきにくい名称ですよね。膿み・皮・症。皮が膿んでる?何だか怖いですね。。

病気の名前ってストレートなのが多いのです。なんでかというと、たいていの場合英語から規則に則って日本語にしてるから。英語だとPYODERMA。PYOが化膿してる様子。DERMAは皮膚。で、それに症状の症。

皮膚が膿んでるから”膿皮症” 。

でも、傷がすごーく、化膿しているのとは違います。それは化膿性の創傷であって、膿皮症とは呼びません。

この”膿皮症”

イヌの皮膚病では最も多い。他の色んな皮膚病に併発?合併?することも多い代表的な皮膚病なんです。

例えば

 ”アトピー性皮膚炎と膿皮症”、

”内分泌性皮膚疾患と膿皮症”とか、

”ニキビダニ症と膿皮症”というぐあいに。。

2.膿皮症は細菌感染!

膿皮症は細菌感染による皮膚病。ほとんどの場合、ブドウ球菌が原因。

ブドウ球菌。聞いたことあります?人だと黄色ブドウ球菌ってよく聞きますね。あれはブドウ球菌のうちの一つの種類。イヌの膿皮症は黄色ブドウ球菌とは違う種類のブドウ球菌が原因。そうブ・ド・ウ。。🍇間違いではありません!

ブドウみたいにくっついている球状の菌という意味。顕微鏡で見たまんまです。

こんなのです。

ブドウ球菌

ちょっと可愛い。。ブドウみたいでしょう?

3.よくある質問 − どんな病気? ー

病変部はよく円形ハゲになります。こんな感じ↓ 周辺が赤い時もあります。

表在性膿皮症 2

Q:円形脱毛?ストレスですか??

A:ストレスはどんな病気でも悪化因子にはなるかもしれないけれど、ちょっと違います。それに円形脱毛症は動物にもあるけど、免疫が関係しているちょっと特殊な皮膚病なんですよ。

Q:カビでしょうか? ヒトの皮膚糸状菌症=いわゆる水虫、はこんな周辺が赤い円形脱毛を作りますよね。

A:でもイヌの場合、皮膚糸状菌の発生は非常に少なく、多くの場合は膿皮症です。念の為、皮膚検査できちんと調べましょうね。

フケ(鱗屑)も特徴的です。

画像5

プチっとした小さな盛り上がり病変を作る場合もある。膿疱と言います。

画像6

膿疱がはじけて周辺に火が広がるように広がって、円形の脱毛部は中央から治っていく。中央部はよく黒っぽくなります。(色素沈着)この黒いのも結構心配されるけど「変な病気ですか?」って。大丈夫です。後述しますね!

4.どうしてなるの?ー 原因と簡単な仕組み ー

Q: どっから移ったんですか?

A:この菌は元々みんな持ってる。常在菌の一つ。。これもそのままです。いつもいる、みんな持ってる普通の菌なんだけど、何かが原因で、皮膚のバリア機能が衰えた時に中の方に侵入してしまって、炎症を引き起こす。

こういうのを日和見感染とか言います。

例えば、乾燥肌とか、痒くて引っ掻いたとかがきっかけになって。。

皮膚の表面にある角質層はレンガとモルタルのような作りで、けっこう強固に表面を覆っている特殊な構造。健常なら表面に細菌が付いていても、何も起きない。

画像2

でも、この構造が崩れると、細菌が皮膚の中や、毛孔の中に入って炎症を起こすことがある。これが膿皮症。

画像3

5.その他よくある質問

Q: 細菌って・・・?? うちが汚いんですか??

A: いえいえ、関係ありません。犬がみんな元々持っている菌がたまたま中の方に入っちゃったと思ってください。

Q: 不潔にしてたでしょうか?

A: いえいえ、関係ありません。汚くしていても全然皮膚病にならない子もいっぱいいるし、人だって皮膚病の人の家が汚いわけではないですよ。

Q:黒いけれど変な病気でしょうか?大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です。イヌの皮膚は炎症の後、よく黒い色素が沈着します。良い状態を保てれば、多くの場合ゆっくりと元のピンク色に戻っていきます。たまーに薄く色づいて残ってしまう場合もありますが、心配いりません。

また薄い色の被毛、例えば薄茶色のプードル、グレイのプードル、薄茶色のダックスフンドなどは膿皮症になったところが濃い色になってしまうこともあります。

しばらくパッチワークみたいな毛色になってしまいますが、半年くらいで周囲の色と揃ってくる場合が多いようです。

治療は。。長くなったので、次回にします!!😅

治療編→