アトピー性皮膚炎」タグアーカイブ

脇の下の痒み

アトピー性皮膚炎 ー 治療編 ー, 原因を多角的に捉えて解決する6つのポイント?

アトピー性皮膚炎は多因子性の疾患です。痒みを忘れた快適な生活のために、原因を考えながら1つ1つ対応しましょう!

今までのところで、アトピー性皮膚炎は「多因子性の疾患」であると説明しました。

ですので、治療は原因ごとに組み合わせて対処していきます。

また除外とした感染症ですが、膿皮症とマラセチア皮膚炎はアトピー性皮膚炎にしばしば合併して病態を悪化させるので、常にそれらのコントロールにも気を使います。

大きく分けてそれぞれの原因に対して次のような対応を考えます。

原因1.原因物質を避ける

 検査によりアレルゲンが分かったらそれを避けるという方法。

ハウスダストやハウスダストマイト(イエダニ)なら掃除の見直し、出入りする場所の見直し、敷物の見直し、エアコンの手入れ、空気清浄機の導入など。

花粉
花粉

 花粉が原因なら、その季節の散歩は避ける。家の中に持ち込まないなど。

原因2.皮膚のバリア機能向上

 ずばり、スキンケアの見直しです。ヒトのアトピー性皮膚炎では、その発症に皮膚の乾燥が関係していることが分かりました。10年くらい前の論文でアトピー素因のある赤ちゃん(遺伝的に疑われる家系の赤ちゃん)に保湿剤を塗った方がアトピー性皮膚炎の発症が少なくなることが報告され、保湿の大切さがクローズアップされてきました。

動物でも同様です。

1)アレルゲンに対する反応→痒い→掻く→皮膚に傷→アレルゲン侵入&細菌も侵入→アレルギー反応&細菌感染の繰り返し

 2)乾燥→皮膚の角質に隙間→アレルゲン侵入→アレルギー反応&細菌感染

従来、上の1)が病態だと信じられていたものが

2)も大きいのでは? という考察ですね!!

乾燥をコントロールすることで、アレルギー反応自体も抑える結果になると考えられています。

また、

3)乾燥→余分な皮脂分泌→皮脂が大好きなマラセチアの増加→痒み

というサイクルにも対応することになります。

原因3.感染症対策

アトピー性皮膚炎に合併する感染症は、原因というよりおそらくは結果の一つですが、今の状態を見極める上では大切な要素になります。

アトピー性皮膚炎は、季節などによって良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。ここまで読んで理解してくださった方々は、コントロールできている状態であっても、微妙なバランスの上に成り立っている感じを捉えてくれているでしょう。

皮膚の状態が悪くなると膿皮症と呼ばれる細菌感染ややマラセチアの感染が生じて、痒みも悪化します。また、痒み止めの種類によっては長く続けると免疫力が低下し、ニキビダニ症が発症していることがあります。

長期管理しているアトピー性皮膚炎が急に悪化した時は、これらの関与を疑って皮膚検査などをきちんと行ったほうが良いです。

→感染症とスキンケア対策でお薬ほとんどいらなかった症例報告

原因4.痒みを止める

痒い→引っ掻く→皮膚に傷→アレルゲン侵入&細菌侵入→細菌感染→痒み増加

上のようなサイクルが生まれてしまうので、痒みをコントロールするというのはとても大事な治療の一つです。

痒みを止める方法はステロイドの内服以外にもたくさんありますので、現在はかなり安全にコントロールしやすくなっています。

選べる痒み止め→

原因5.アレルギー体質の改善 – 免疫学的アプローチ –

 わかりやすく上のような言葉を使って説明することが多いのですが、アレルギーを起こしやすい体質を変化させる根本的と言われる唯一の治療法が存在します。

それは減感作療法というものです。

IgEを作る免疫システムを変えていくと考えられていますが、何故?よりも臨床応用の方が先に発達した分野です。

ヒトではスギ花粉の舌下免疫療法が有名ですね!

 同じようなもので、犬ではハウスダストマイトによるアレルギーだけは、ちゃんと犬用に効果が認められた製剤が利用可能です。方法も1週間に1回、計6回注射するだけという簡単なもの。

免疫細胞
免疫細胞

効果率は70%前後ですが、ずっと悩まされてきた痒みが6回の注射で、薬が減らせたら良いですよね。実際に1日置き以上ステロイドを減らせなかった犬でステロイドが切れた子もいます!

ただし、6回の後、1ヶ月に1回10ヶ月から1-2年の間、追加接種した方が良いという専門医もいますので、6回目以降は相談で決めています。(明確にはされていません)

原因6. 環境の改善 ー 生活環境とストレスの見直し ー

痒みの増加にストレスが関与しているかどうか判定するのは難しいです。でも、誰か特定の人が来た時だけかゆみ動作が増えるとか、家の周りが工事などでうるさくなってからかゆみ動作が増えたということは時々あります。

また、淋しがりやさんだと一人ぼっちになった時に酷くなめたり噛んだりして患部を急激に悪化させてしまうこともあります。

遊ぶ時間を増やしてあげたり、夢中になれるおもちゃを与えたりといった工夫がうまくいくことがあります。

また噛み壊し防止のエリザベスカラーがストレスになる場合もあります。病変部の範囲によりますが、足や首まで覆えるような伸縮性が高くて1日中着ていられるようなお洋服をご紹介できます。

湿度計
湿度計

生活環境の湿度はいかがでしょうか?アトピー性皮膚炎は梅雨時から暑い季節に悪化する場合が多いですが、実は冬の乾燥でも痒みが悪化します。できれば湿度を適切に保ちましょう。また、踵などの部分的な乾燥には乾燥予防の外用をおすすめします。

まとめ

 治すというよりはコントロールすることがゴールです、とよく説明されますが・・。皮膚の酷い状態を綺麗にして、気持ちよく、副作用なく過ごすというのを常にゴールだと思って日々診療にあたっています。

生涯付き合っていく病気ですが、良い付き合い方を見つけてあげたいですね。😌

アトピー性皮膚炎に対するそれぞれの対策をもっと詳しく見たい場合は

→スキンケアについて考える, →皮膚保護服の紹介, →アトピー性皮膚炎の環境対策

犬の皮膚病・ステロイドって怖い?ー飲み薬の場合 ー

皮膚病と言えばステロイド。先に言っておくとステロイド=怖いではありません。私も使う時あります。でも使い方と減量の努力が必要というお話。。

ステロイドって聞いたことありますよね。多くの方が何だか怖いイメージを持っているのではないでしょうか?

ステロイド=悪ではありません。とても良い大事な薬の一つです。病気の種類によってはそれしか効果がない、それに頼るしか方法がないものなどもあります。

でも有害作用を持っているのも事実。

正しく理解して気をつけて、減量の方法を探りながら上手に使いましょう!

ある症例の紹介

ある日やってきた脱毛症と外耳炎のわんこ。

センター南動物病院にて

中耳炎疑いで発作を起こして以来長くステロイドを継続して使用されていました。

私は最初の診察を診ていないので、きっと最初はステロイドが必要と判断する状況だったのだろうと推測することしかできません。が、その後こんなにも長く同量の継続が必要だったのかというところにはちょっぴり疑問を感じざるを得ませんでした。

上手に減量していきます

外耳炎の治療と並行して、発作がその後ずっと起きていないことを考慮し、諸々飼い主様と連携しながらステロイドの減量を試みました。

そもそもステロイドとは?

ステロイドは俗称で、この場合副腎皮質ホルモン製剤を指します。

よく使用されるステロイド(副腎皮質ホルモン製剤)

こんな薬です。↑

炎症や皮膚病の痒みを抑える目的でよく処方されます。この子の場合のように、脳神経系の浮腫や炎症を疑う場合などにもよく処方されます。

問題は、この薬が痒みや炎症を抑える作用以外に多くの作用を持っているので、時に体にとって有害になってしまうということにあります。

ステロイドの有害作用として

短期的には

  • 飲水量の増加。排尿量の増加
  • 食欲亢進(弱っている子ではメリットのことも!)

がありますが、短期的なら一過性のため、あまり健康上の問題にはなりません。なので短期の使用はあまり心配せず、一時的に必要な薬なんだ!と思って指示通り使ってください。

怖がりすぎずに知っておこう。ステロイドの副作用

長期的に使用した場合、上記の作用の他に

  • 肝腫大
  • それに伴う肝臓系の血液検査の値の上昇
  • 太りやすくなる(お腹がポッテリと太鼓っ腹になるのが特徴です)
  • 骨や筋肉が少なくなる
  • 糖尿病になりやすい
  • 感染症に弱くなる
  • 傷が治りにくい
  • 皮膚が薄くなる
  • 毛が抜ける
  • 皮膚や内臓の石灰化
  • パンティング
ストロイドの長期的投与で特徴的な太鼓腹。皮膚が薄く血管が透けて見える。触るとペラペラに薄い。。。
皮膚には石灰沈着が出来て固くなっています。

など問題が生じてきます。また、毎日連続投与していると、たとえ少量でも自分の副腎が休んで萎縮してしまいます。この場合、突然休薬すると危険です。食欲な全くなくなって、ぐったりしてしまうこともあります。

減量する時の注意

だいたい3週間以上投与している場合は、上記の有害作用を気にする必要がありますし、減量する場合は少し慎重に減量する必要があります。

今回のわんこでも、1回量を増やして間隔を空ける。休薬日に元気がなくなったり食欲がなくなったりしたら、救護薬的にごく少量のステロイドを投与すること。などの配慮をした上で少しづつ間隔を空け、用量を減らして、外耳炎の治療に通院しながら最終的にステロイドを中止することができました。

もちろん病気の種類によっては有害作用には目をつぶり、受け入れ、付き合いながら使い続ける場合もあるかもしれません。が、本当に必要なのか?減量の方法はないのか?については獣医師も常に考えてあげなくてはいけませんよね。😌

良くなりました

数ヶ月を経て、上のわんこはこんなにフサフサになって元気も出ました!!↓ 発作も起きていません!😃

ステロイドから離脱してフサフサになりましたよ!

最近ではアトピー性皮膚炎などの痒い皮膚病に対して新薬が次々と発売されて、皮膚病でこのわんこの様になる子には遭遇しなくなってきました。

10年前は多かったーーー!😅 私の仕事の多くはステロイドからの離脱でした😂

なので、もし知り合いのわんこが皮膚病でステロイドが減らせなくて支障が出ているなんて事があれば、どうぞご紹介ください。安全にステロイドを減らす経験はたくさん持っています。