ホームページ」カテゴリーアーカイブ

皮膚病と遠隔診療について考えました・・

coronaのせいか遠隔診療を利用している飼い主さんに時々出会います。その可能性と限界について感じたことなど

corona禍のせいか(そうでないかもしれないけど)遠隔診療を皮膚病に利用している飼い主さんに時々出会います。選択肢としては時節に合っているかもしれないけれど、ちょっとだけ注意が必要です。

以前出会ったシーズーさんは数年前に遠隔診療病院の先生が関東の動物病院で診療に来たことがあり、診察を受けたそうです。

診断は脂漏性皮膚炎。

シーズーさんの代表的な皮膚疾患です。

それからずっと、時々メールで写真を送ったりして遠隔診療で薬やシャンプーを送ってもらったりして治療を継続していたのですが、最近あまり調子が良くないのでアドバイスしてほしいというような内容でした。

四肢端の炎症が重度でシャンプー療法をスタートしたのですが・・・。

ところが・・どうも様子が違う。。。脂漏性皮膚炎にしては酷すぎる。。。これって脂漏性皮膚炎???何か色素沈着が強すぎるし、ベタベタというよりはフケが目立ちすぎる。。。

シャンプーしてみたからこそ、分かってきた事でした。。

というわけで皮膚検査。。

イヌニキビダニ
イヌニキビダニ

はい、ニキビダニ症でした。ニキビダニ症についての詳細はこちら→

ニキビダニ症は、アレルギー性の皮膚疾患でアポキルやステロイドなどの免疫を抑制する傾向のある薬を長期投与している子で時々合併します。

最初からではなく、高齢になってからニキビダニ症を発症しているケースでは内分泌系の病気(ホルモンの異常による病気)も考えないといけませんね。

わんこの皮膚病。年齢や状況と共に変化もするんですよね。それに対応するには皮膚検査を何回かしないとダメなんです。大学の診療なんて毎回皮膚検査してましたからね。。このへんは遠隔診療の限界だなぁ、なんて思ってしまいました。

セカオピとか、ある程度安定している子の相談とか、動物病院に行く前の予備知識としての相談とか。。。獣医師とネットでつながるのは良いと思いますし、遠隔診療もこれから普及していくと思います。私もやるかも??

でも悪化した時は実際に「診る」というのが鍵になることがあるかもしれません。。

この子はその後すっかり良くなりました。。

さくらと私

犬と猫の皮膚科医・・動物の皮膚病について解説します

動物の色んな皮膚病や外耳炎についてこれから解説していきます。なるべく簡単に、読んでいて楽しく、分かりやすい説明を心がけます☺️

1.皮膚病の解説を始めます。

ずっと悩んでました。😔

病気の説明を分かりやすく、堅苦しくなくお伝えしたい。読みやすく、少し楽しくさえあるような。。でも病気なのにそれって良いのだろうか?

失礼なんじゃないかとか。

 診療ってこう見えて?かなり真剣で、ずっと現場に立つことにこだわってきた人間としては、診療内容をブログとかにするのって何だか生々しすぎて、できない感じがしてたんです。これはもう何年も。。15年くらい前から知り合いにブログを勧められて、うーんできそうにない😞って。。何だかずっと思っていました。

でも、なぜだか急に吹っ切れました。

2.私の診療スタイル。真面目に、簡単に、可能ならば笑顔を届けたい!

分かりやすければ良いじゃない?

だいたい、自分の診療、いつもそこそこ軽妙じゃない!

私の診察って賛否はあるかもしれないけど、診察室で飼い主さんがよく笑ってるって評判じゃない!?

確かに皮膚病って生死に直結しないことが多いし、確かに悩み深い方が多いけど、その気持ちを少し和らげてあげたくて!!

これ、サービス精神だから!

締めるとこ締めてるし。。。!

というわけで

肩肘張らず、いつも通り自然体に自分の知識をお披露目しようと思います。少し軽妙過ぎたらごめんなさい。でも本人しごく真面目です。ふざけてません。

 いつでもどこでも私そのままで。。😊

3.昔の院長が教えてくれたこと。大事にしてること。

4番目の院長が教えてくれました。

” いつでも自分全部で診療にあたりなさい。自分の知識、経験、人生経験、人柄、思い。自分全部で診療に向かいなさい ”

それ以来、確かに忙しすぎたり段取り悪かったり、周りのサポートがうまく得られなかったり色々で完璧にできない時もあるけど、ずっとそのつもりでやってきた!

だから、

動物の皮膚病の説明

やってみますね!

4.現在の診療施設

現在月曜日・火曜日午前中は横浜市神奈川区のアンベットクリニック

水曜日は1日横浜市都筑区のセンター南動物病院

木曜日・日曜日の午前中は東京都大田区の動物病院エルファーロ

主に皮膚科を担当しています。

色んな皮膚病の解説へ